詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

専門知は、もういらないのか

無知礼賛と民主主義

著:トム・ニコルズ

訳:高里 ひろ

内容紹介

20世紀初頭まで、政治や知的活動への参加は一部の特権階級に限られていたが、後の社会変化で門戸は大きく開かれた。それは人びとのリテラシーを高め、新たな啓蒙の時代を招来するはずだった。ところが今、これほど多くの人が、これほど大量の知識へのアクセ…もっと見る▼

目次
目次を見る▼
著者略歴

アメリカ海軍大学教校授(国家安全保障問題)。ダートマス大学、ジョージタウン大学での教職を経て現職。コロンビア大学で修士、ジョージタウン大学で博士号を取得。専門はロシア、核戦略、NATO問題。

翻訳家。上智大学卒業。訳書にトム・リース『ナポレオンに背いた「黒い将軍」』(白水社、2015年)、ロイ・バレル『絵と物語でたどる古代史』(晶文社、2008年)、『世界を変えた100人の女の子の物語』(共訳、河出書房新社、2018年)、トム・ニコルズ『専門知は、もういらないのか』(みすず書房、2019年)など。

  • ISBN
    9784622088165
  • 出版社
    みすず書房
  • 判型
    4-6
  • ページ数
    312ページ
  • 定価
    3400円(本体)
  • 発行年月日
    2019年07月