詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

あとは切手を、一枚貼るだけ

著:小川 洋子

著:堀江 敏幸

内容紹介

きみはなぜ、まぶたを閉じて生きると決めたの――かつて愛し合い、今は離ればなれに生きる「私」と「ぼく」。二人を隔てた、取りかえしのつかない出来事とは。消えた産着、優しいじゃんけん、湖上の会話……十四通の手紙に編み込まれた哀しい秘密にどこであな…もっと見る▼

著者略歴

一九六二年、岡山市に生まれる。早稲田大学第一文学部卒。八八年、「揚羽蝶が壊れる時」により第七回海燕新人文学賞を、九一年、「妊娠カレンダー」により第一〇四回芥川賞を受賞。二〇〇四年、『博士の愛した数式』で第五五回読売文学賞と第一回本屋大賞を、〇六年、『ミーナの行進』で第四二回谷崎潤一郎賞を受賞。その他の小説作品に『シュガータイム』『貴婦人Aの蘇生』『ブラフマンの埋葬』『海』『猫を抱いて象と泳ぐ』『原稿零枚日記』など、エッセイ集に『カラーひよことコーヒー豆』『妄想気分』などがある。

一九六四年、岐阜県生まれ。作家。著書に『おぱらばん』『熊の敷石』『回送電車』『ゼラニウム』『雪沼とその周辺』『魔法の石板――ジョルジュ・ペロスの方へ』『河岸忘日抄』『バン・マリーへの手紙』『彼女のいる背表紙』『正弦曲線』『書かれる手』『めぐらし屋』『なずな』などがある。

  • ISBN
    9784120052057
  • 出版社
    中央公論新社
  • 判型
    4-6
  • ページ数
    288ページ
  • 定価
    1600円(本体)
  • 発行年月日
    2019年06月