詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

祥伝社文庫

火の国から愛と憎しみをこめて

著:西村 京太郎

内容紹介

JR最南端の指宿枕崎線西大山駅で三田村刑事が狙撃された!発端は女優殺人事件。十津川警部、最強最大の敵に激突!東京・田園調布で人気女優の千原玲子が射殺された。容疑者の坂本マネージャーを追って三田村刑事が鹿児島に飛ぶが、なんとJR最南端の西大山…もっと見る▼

著者略歴

1930年、東京生まれ。公務員生活の後、数々の職業を経て、創作活動に。63年「歪んだ朝」でオール讀物推理小説新人賞、65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞、81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞など各賞を受賞。今春は第4回吉川英治文庫賞を受賞した。スカイツリーを超える著作635冊を目指す国民的推理作家である。

  • ISBN
    9784396345372
  • 出版社
    祥伝社
  • 判型
    文庫
  • ページ数
    262ページ
  • 定価
    630円(本体)
  • 発行年月日
    2019年06月