詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

中公新書 2542

漢帝国 400年の興亡

著:渡邉 義浩

内容紹介

漢字、漢民族という表現が示すように、漢は中国を象徴する「古典」である。秦を滅亡させ、項羽を破った劉邦が紀元前202年に中国を統一(前漢)。武帝の時代に最盛期を迎える。王莽の簒奪を経て、紀元後25年に光武帝が再統一(後漢)。220年に魏に滅ぼ…もっと見る▼

著者略歴

渡邉義浩
1962(昭和37)年、東京都生まれ。筑波大学大学院博士課程歴史・人類学研究科修了。文学博士。大東文化大学文学部教授を経て、現在、早稲田大学理事・文学学術院教授。大隈記念早稲田佐賀学園理事長。専門は「古典中国」。三国志学会事務局長。著書に『後漢国家の支配と儒教』、『三国政権の構造と「名士」』、『儒教と中国―「二千年の正統思想」の起源』、『三国志―演義から正史、そして史実へ』、『魏志倭人伝の謎を解く―三国志から見る邪馬台国』、『王莽―改革者の孤独』、『三国志よりみた邪馬台国』、『全譯後漢書』(全19巻、主編)など多数。

  • ISBN
    9784121025425
  • 出版社
    中央公論新社
  • 判型
    新書
  • ページ数
    288ページ
  • 定価
    880円(本体)
  • 発行年月日
    2019年05月