詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

空飛ぶのらネコ探検隊 キジムナーと乗っとられたのら号

著:大原 興三郎

絵:こぐれ けんじろう

内容紹介

何もしないのに、のら号が自分の意思で動き出した!? 慌てるのらネコたちだが、のら号を信じて、旅立つことにした。果たしてその行く手に待っているものは、なんなのか? 大人気シリーズ第6弾は、始まりから謎がいっぱい!

著者略歴

1941年、静岡県生まれ。おもな作品「海からきたイワン」(講談社青い鳥文庫)「なぞのイースター島」(PHP創作シリーズ)「マンモスの夏」(文溪堂)「10thバースディは運命の日!?」(ポプラ社)、映画化された「おじさんは原始人だった」(偕成社)など多数。「海からきたイワン」で第19回講談社児童文学新人賞、第9回野間児童文芸新人賞、「なぞのイースター島」で第18回日本児童文芸家協会賞を受賞。

1966年、東京都生まれ。ニューヨークのアートスチューデントリーグで絵画を学ぶ。挿絵の仕事に『ぼくらの心霊スポット』、『真夏の悪夢』(ともに学習研究社)、『風のひみつ基地』(PHP研究所)『0点虫が飛び出した』(あかね書房)『ミズモ ひみつの剣をとりかえせ!』(毎日新聞社)『ダンゴムシはだんご好き?』『テントウムシがころんだ?』『ミミズは耳がいい?』『カタツムリはサーカス名人?』(ともに文溪堂)などがある。

  • ISBN
    9784799903308
  • 出版社
    文溪堂
  • 判型
  • ページ数
    176ページ
  • 定価
    1300円(本体)
  • 発行年月日
    2019年04月