詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

角川つばさ文庫

うちの執事が言うことには

著:高里 椎奈

絵:ロク

内容紹介

日本がほこる名門・烏丸家の当主となった花穎は、まだ18歳。とつぜん引退を宣言し、ゆくえが分からなくなった父にかわって急いで留学先のイギリスから帰国する。家で待っていたのは、花穎がだれよりも信頼する執事・鳳ではなく、見知らぬ若い男だった……。…もっと見る▼

著者略歴

茨城県出身。芝浦工業大学工学部機械工学科卒業。1999年『銀の檻を溶かして』で第11回メフィスト賞を受賞しデビュー。著作に、デビュー作を始めとする「薬屋探偵」シリーズ、「ドルチェ・ヴィスタ」シリーズ、「フェンネル大陸」シリーズ(以上、講談社)などがある。

射手座のB型。東京在住。クールでかっこいい作風のイラストレーター。本作が書籍イラストのデビュー作。

  • ISBN
    9784046318602
  • 出版社
    KADOKAWA
  • 判型
    新書
  • ページ数
    248ページ
  • 定価
    720円(本体)
  • 発行年月日
    2019年04月