詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

ラーメンの歴史学

ホットな国民食からクールな世界食へ

著:バラク・クシュナー

訳:幾島 幸子

内容紹介

中国から日本に伝わり、1000年近い歳月を経て世界的な人気料理となったラーメンの歴史を英国のアジア研究者が紐解き、明治維新以降の近代化と食、戦後の対米関係やポップカルチャーとの関連も含め縦横無尽に論ずる、新たなラーメン学の誕生。

目次
目次を見る▼
著者略歴

プリンストン大学から博士号を取得。ノースキャロライナのデイヴィッドソン大学歴史学研究科、米国国務省東アジア課等を経て、現在ケンブリッジ大学アジア・中東研究科日本学科准教授。主な著書にMen to Devils, Devils to Men: Japanese War Crimes and Chinese Justice. Harvard University Press, 2015.(米国歴史学会ジョン・K・フェアバンク賞受賞)、Yoichi Funabashi and Barak Kushner, eds. Examining Japan's Lost Decades. London: Routledge, 2015〔共著、邦訳:船橋洋一編著『検証 日本の「失われた20 年」――日本はなぜ停滞から抜け出せなかったのか』(東洋経済新報社、2015年)〕、『思想戦――大日本帝国のプロパガンダ』(明石書店、2016年)などがある。

翻訳家。早稲田大学政経学部卒業。訳書にネグリ=ハート『マルチチュード』(NHKブックス、2005年)、スティーブン・ピンカー『暴力の人類史』(共訳、青土社、2015年)、ナオミ・クライン『ショック・ドクトリン』(共訳、岩波書店、2011年)、同著『これがすべてを変える――資本主義 vs. 気候変動』(共訳、岩波書店、2017年)、アズビー・ブラウン『江戸に学ぶエコ生活術』(CCCメディアハウス、2011年)、メイ・サートン『70歳の日記』(みすず書房、2016年)などがある。

  • ISBN
    9784750346816
  • 出版社
    明石書店
  • 判型
    4-6
  • ページ数
    384ページ
  • 価格
    2500円(本体)
  • 発行年月日
    2018年06月