詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード、JANコード

講談社ノベルス

巨大幽霊マンモス事件

著:二階堂 黎人

内容紹介

ロシア革命から数年経ったシベリア奥地。逃亡貴族たちが身を隠す<死の谷>と呼ばれた辺境へ秘密裏に物資を運ぶ<商隊>と呼ばれる一団がいた。その命知らずな彼らさえも、恐怖に陥る事件が発生! 未知なる殺人鬼の執拗な追跡、連続する密室殺人、<死の谷>…もっと見る▼

目次
目次を見る▼
著者略歴

1959年7月19日、東京都に生まれる。中央大学理工学部卒業。在学中は「手塚治虫ファンクラブ」会長を務める。
1990年に第1回鮎川哲也賞で『吸血の家』(講談社文庫所収)が佳作入選。1992年に『地獄の奇術師』でデビューし、推理小説界の注目を大いに集める。全4部からなる長大な本格推理小説『人狼城の恐怖』は1999年版の本格ミステリベスト10の第1位を獲得した。
近著に『アイアン・レディ』(原書房)、『亡霊館の殺人』、『僕らが愛した手塚治虫 《復活編》』(南雲堂)がある。また「10歳までに読みたい名作ミステリー 怪盗アルセーヌ・ルパン」シリーズの編著も務める。

  • ISBN
    9784062991032
  • 出版社
    講談社
  • 判型
    新書
  • ページ数
    336ページ
  • 定価
    1000円(本体)
  • 発行年月日
    2017年09月