詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

日本陸軍の対ソ謀略

日独防共協定とユーラシア政策

著:田嶋 信雄

内容紹介

第2次世界大戦開戦にあたり重要な位置を占めた日本とドイツ。その関係深化の契機となった日独防共協定はいかに締結されたか。ユーラシア大陸をまたにかけた諜報・謀略活動、航空路整備、対イスラーム政策など、外務省ルートとは別に進行した陸軍の対ソ工作に…もっと見る▼

目次
目次を見る▼
著者略歴

1953年、東京都に生まれる。1978年、北海道大学法学部卒業。1985年、北海道大学大学院法学研究科博士後期課程(公法専攻)単位取得退学。現在、成城大学法学部教授、博士(法学) ※2017年2月現在【主要編著書】『ナチズム外交と「満洲国」』(千倉書房、1992年)。『ナチズム極東戦略』(講談社、1997年)。『ナチス・ドイツと中国国民政府 1933-1937年』(東京大学出版会、2013年)

  • ISBN
    9784642083157
  • 出版社
    吉川弘文館
  • 判型
    4-6
  • ページ数
    224ページ
  • 定価
    2800円(本体)
  • 発行年月日
    2017年03月