詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード、JANコード

ぼくは原始人になった

著:マット・グレアム

著:ジョシュ・ヤング

訳:宇丹 貴代実

内容紹介

腰布とサンダルというスタイルで狩猟採集生活を始め、荒野を走って過ごすことで知った、人間の驚異的な生命力と人生のすばらしさ!

著者略歴

10代から狩猟採集生活を送る冒険家。ディスカバリーチャンネルの人気番組『デュアル・サバイバル(Dual Survival)』に出演し、多くのファンを得ている。

エンターテインメント、スポーツ、ビジネス、科学、政治など、多岐にわたるジャンルを手がけるライター。共著のうち5冊がニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーリストにランクインしている。

1963生まれ。上智大学法学部国際関係法学科卒業。英米文学翻訳家。訳書にバリー『視覚はよみがえる』(筑摩選書)、トルツ『ぼくを創るすべての要素のほんの一部』(武田ランダムハウスジャパン)、ほか多数。

  • ISBN
    9784309207209
  • 出版社
    河出書房新社
  • 判型
    4-6
  • ページ数
    280ページ
  • 定価
    1800円(本体)
  • 発行年月日
    2016年11月