詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

妄犬日記

著:姜 信子

内容紹介

■ 女と男の間を行き交い、流れてやまない情念の渦を、文と絵で描きとめる現 代の語り物、愛の絵草紙。  そのつぶやきは、恐ろしくも、底深いひととひとのかかわりの真実をあらわ にし……。■ 拷問の隠れた美学と従属のひそやかな快楽、この禁断の実が…もっと見る▼

目次
目次を見る▼
著者略歴

1961年横浜市生まれ. 作家. 85年, 東京大学法学部卒業. 86年に「ごく普通の在日韓国人」でノンフィクション朝日ジャーナル賞受賞. 著書に, 『ごく普通の在日韓国人』『うたのおくりもの』(いずれも朝日新聞社), 『日韓音楽ノート』『ノレ・ノスタルギーヤ』『ナミイ! 八重山のおばあの歌物語』『イリオモテ』(いずれも岩波書店), 『棄郷ノート』(作品社, 熊本日日新聞文学賞受賞), 『追放の高麗人』(石風社, 地方出版文化功労賞受賞), 『はじまれ 犀の角問わず語り』(サウダージ・ブックス+港の人), 『生きとし生ける空白の物語』(港の人), 『声 千年先に届くほどに』(ぷねうま舎), 『はじまりはじまりはじまり』(羽鳥書店), 訳書に『あなたたちの天国』(李清俊, みすず書房)などがある

  • ISBN
    9784906791576
  • 出版社
    ぷねうま舎
  • 判型
    4-6
  • ページ数
    180ページ
  • 価格
    2000円(本体)
  • 発行年月日
    2016年05月