詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

将棋戦型別名局集 2 四間飛車名局集

著:鈴木 大介

内容紹介

飛車を四間に振る。美濃囲いに組む―。 簡素で美しい駒組みと、鮮やかなさばきで勝つ四間飛車戦法は数多くのプロ棋士、そして将棋ファンを魅了してきました。 本書は大山康晴名人と山田道美八段で争われた第24期名人戦七番勝負第5局、四間飛車対山田…もっと見る▼

目次
目次を見る▼
著者略歴

1974年7月11日生まれ 東京都出身 1986年 6級で大内延介九段門 1994年10月1日 四段 2003年4月1日 八段 「将棋は振り飛車が有利」という信念のもと、力強い将棋で活躍する生粋の振り飛車党。 第12期(1999年)竜王戦でタイトル初挑戦。第77期(2006年)棋聖戦で挑戦。第49回(1999年度)NHK杯戦優勝。第15回(1996年度)早指し新鋭戦優勝。第32回将棋大賞(2004年度)升田幸三賞受賞。タイトル戦登場2回、棋戦優勝2回。竜王戦は1組通算10期、順位戦はA級通算4期。 著書は「将棋の教科書 現代振り飛車」「将棋の教科書 振り飛車急戦」「将棋の教科書 振り飛車持久戦」(日本将棋連盟)、「ひと目の仕掛け 振り飛車編」「鈴木大介の将棋 全5巻」「石田流の極意」「鈴木流相振り飛車」「鈴木流四間穴熊」「鈴木流豪快中飛車の極意」(マイナビ出版)など。

  • ISBN
    9784839957988
  • 出版社
    日本将棋連盟
  • 判型
    A5
  • ページ数
    432ページ
  • 定価
    2800円(本体)
  • 発行年月日
    2016年01月