詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

人はいかにして蘇るようになったのか

蘇生科学がもたらす新しい世界

著:サム・パーニア

著:ジョシュ・ヤング

訳:浅田 仁子

内容紹介

死はもはや「心臓が止まり、呼吸が止まり、脳が機能しなくなった時点」というような、特定の瞬間ではない。死後、平均三時間までは蘇ることが可能になっている現在、医療の現場が抱える問題とは何か。蘇生科学の歴史と現状を丹念に解説するとともに、「蘇った…もっと見る▼

著者略歴

ニューヨーク州立大学ストーニー・ブルック校医学部の肺疾患および救命医療の准教授。蘇生科学のエキスパート意識の本質および意識と脳との関係を研究。邦訳に『科学は臨死体験をどこまで説明できるか』(三交社)。

著述家、ジャーナリスト。とりわけ、さまざまな分野の著名人との共著を得意とし、エンターテイメント、科学、ビジネス、政治など、多岐に渡る分野のベストセラーを生み出している。

翻訳家。お茶の水女子大学文教育学部文学科英文科卒。訳書に『サーノ博士のヒーリング・バックペイン』『ミルトン・エリクソンの催眠テクニックⅠ・Ⅱ』『ミルトン・エリクソン心理療法』(春秋社)他多数。

  • ISBN
    9784393361269
  • 出版社
    春秋社
  • 判型
    4-6
  • ページ数
    386ページ
  • 定価
    2400円(本体)
  • 発行年月日
    2015年08月