詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

角川ソフィア文庫

日蓮「立正安国論」「開目抄」

著:日蓮

編:小松 邦彰

内容紹介

蒙古襲来を予見し国難回避を諭した「立正安国論」、柱となり眼目となり大船となって日本を救おうと宣言する「開目抄」。混迷する日本を救済しようとした日蓮が、強烈な信念で書き上げた二大代表作。

著者略歴

1938年静岡県生まれ。立正大学大学院博士課程単位取得。立正大学仏教学部教授、日蓮教学研究所所長を経て、現在、立正大学名誉教授。東京池上・法養寺住職。編著書として、冠賢一共編『日蓮宗小事典』(法蔵館)、渡辺寶陽共編『日蓮聖人全集』全七巻(春秋社)などがある。

  • ISBN
    9784044094218
  • 出版社
    KADOKAWA
  • 判型
    文庫
  • ページ数
    256ページ
  • 定価
    857円(本体)
  • 発行年月日
    2010年04月