詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

亡命と家族

戦後フランスにおける外国人法の展開

著:水鳥 能伸

内容紹介

フランスの外国人の権利保障が示唆するもの

著者略歴

1983年立命館大学法学部法律学科卒業。1987年広島大学大学院法学研究科法律学専攻修士課程修了。1993年パリ第2大学(パリ政治・経済・法律大学)第3課程(博士課程)大学上級免状「憲法」取得。1995年広島大学大学院社会科学研究科法律学専攻博士課程単位取得満期退学。2006年博士(法学)(広島大学)取得。安田女子短期大学講師、安田女子大学文学部助教授、安田女子大学現代ビジネス学部助教授、(大阪府立大学大学院経済学研究科教授)を経て、現在大阪府立大学第1学群社会科学系教授専攻 憲法、フランス公法、外国人法

  • ISBN
    9784842010755
  • 出版社
    有信堂高文社
  • 判型
    A5
  • ページ数
    512ページ
  • 定価
    10000円(本体)
  • 発行年月日
    2015年03月